1. ホーム
  2. キャッシングについて
  3. ≫キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングとカードローンの違いとは?


「あと少しで給料日だけど、どうしてもお金が足りない」という場合や、「ボーナス前だけど欲しいものがあって、今すぐに買いたい」という場合に便利なサービスが、キャッシングやカードローンです。

 

キャッシングとカードローンは、最近ではインターネットから24時間いつでも審査申し込みができたり、最短30分ほどで審査結果を知らせてもらえたり、当日中に融資をしてもらえるという会社が増えてきました。

 

キャッシングとカードローンは、ほとんど変わりありませんが、キャッシングの場合は、翌月の一括払いでの返済がおもな返済方法となり、カードローンの場合は、分割払いでの返済が可能であるというのが一般的です。

 

キャッシングもカードローンも、借り入れができる金額は、契約をする本人の収入や経済状態などによって異なりますが、今はそれほどお金に困っていないという場合でも、カードだけを作っておくということはできますので、あらかじめカードだけでも作っておくと、いざという時にとても安心です。

 

キャッシングのカードを契約する際に必要となる書類は、カード会社によっても若干異なる場合がありますが、通常は、本人確認書類として、運転免許証や各種健康保険証、またはパスポートなどの身分証明書のいずれかが必要となります。

 

また、借入の希望金額が多額であったり、既存の借入金額と合わせて所定の金額を超える場合には、収入の分かる書類として、確定申告書や納税証明書、源泉徴収票や直近の給与明細書などのコピーが必要となる場合があります。

 

事前に必要な書類を準備しておいて審査申し込みを行えば、契約手続きがスピーディに進みます。また、審査申し込みを午前中の早めの時間に行い、午後2時頃までにカード会社との契約手続きを済ませることができれば、当日中に融資をしてもらえる可能性が高くなりますので、融資を急いでいるという場合には、平日の朝早めの時間に審査申し込みを行うようにしましょう。